アフターピルnet通販

アフターピルを病院で処方してもらうことに抵抗のある方、通販サイトでの購入を考えてみませんか?アフターピルを通販購入している方は意外と多いのです。

女性ホルモン含有アフターピルは生理周期を変化させる?

アフターピルは、主に、セックスの最中にコンドームが破けたり外れたりして避妊失敗した時に、72時間以内に服用すると妊娠を回避できる緊急避妊薬です。

早く飲めばそれだけ効果が高く、100%ではありませんがそれでも妊娠する確率が格段に下がるとされています。

アフターピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、この女性ホルモンが大量に体内に入ってくることで体を妊娠した時の状態にすることで避妊効果を上げるのですが、副作用として生理周期のリズムが狂うことがあります。

アフターピルを服用すると、早くて数日、遅くても3週間以内に生理が始まりますが、避妊に成功するとほとんどの人が一週間以内で出血が生じて、これを消退出血と呼びますが、この際の出血量は排卵日によっても変わってくるため、子宮内膜があまり体内で生成されていない場合は少ないことがあります。

また、アフターピルを飲むことによって体内の女性ホルモンの量が増えるため変化が起こりますが、アフターピルによって強制的に起こさせた生理は本来の生理とは違いますので、通常の生理周期が狂って場合によっては月に2回来たりすることもあります。

アフターピルを飲めばほとんどの場合その後出血が見られますが、もともと生理不順だったり、すでに妊娠している可能性がある人はいつまでたっても生理が始まらない場合もあるので、その時は婦人科などで診てもらうようにしましょう。

しかし、一時期生理周期が乱れても3ヶ月ほどで通常の生理周期に戻る人がほとんどなので、あまり心配はいりません。
そのため、生理周期が安定しない時期は基礎体温を測ったり婦人科などで相談するかして、なるべくセックスをするのを控えた方がい良いでしょう。