アフターピルnet通販

アフターピルを病院で処方してもらうことに抵抗のある方、通販サイトでの購入を考えてみませんか?アフターピルを通販購入している方は意外と多いのです。

Monthly Archives: 1月 2015
ピル使用者への印象

避妊には、男性用コンドーム、女性用コンドーム、ピル、IUD、リズム法、殺精子剤があります。
日本でほとんどの人が使用しているのが、男性用コンドームです。
理由は、手軽で安価、避妊と性感染症の予防ができるからです。
しかし、男性用コンドームは男性側でつけるため、女性側は準備ができないというのがデメリットだと言われています。
妊娠するのは女性ですが、避妊は男性に任せるというイメージだからです。
そこで、女性側の避妊として使われるのがピルです。
毎日、決まった時間に内服することでホルモンバランスを調整し、妊娠しないようになるという仕組みです。
しかし、ピルには肝機能障害、血栓症、浮腫、体重増加、乳がんといった副作用があります。
特に、血栓症や乳がんは命の危険があります。
血栓症を防ぐため、病院では喫煙者へのピルの処方は行いません。
このように病院で処方される場合には、検査や問診を通してピルの使用が判断されます。
また、処方の際は医師や看護師から説明がありますが、最近ではインターネットでもピルを購入できるので、知識のないまま内服する人も少なくありません。
ピルは正しく内服することでほぼ100%避妊ができるということから好印象を持ちやすい避妊方法ですが、ピル使用者は副作用があることも知っておかなくてはいけません。

アフターピルで一番知名度あるもの

アフターピルによる緊急避妊方法については、従来から多く行われているプラノバール錠を使用する「ヤッペ法」とノルレボ錠を使用するレボノルゲストレル法とがあります。

いずれのアフターピルを用いた場合でも避妊率は100%ではありませんが、80%以上の確率で避妊することが出来るとされています。

一番知名度あるものとしてはレボノルゲストレル法で使用されるノルレボ錠ではないでしょうか。
世界約50カ国で使用されていますし、世界保健機関の必須薬品としての指定も受けています。
以前から使用されていたプラノバール錠に比べて、副作用が少なことに加えて、服用回数も1度で済むため飲み間違いや飲み忘れなどを防ぐことが出来ます。
それにより高い避妊効果を期待することが出来ます。

アフターピルを服用する場合には、服用時間に注意が必要です。
ノルレボ錠を使用する場合には、性交後72時間以内に服用するようにします。
早ければ服用後3日程度で出血が見られます。
出血があれば、避妊は成功したということになります。
服用後3週間を過ぎても出血が見られないという場合には、妊娠している可能性があるので、検査を行うことをオススメします。
アフターピルは専門医の指導のもと服用するようにしましょう。