アフターピルnet通販

アフターピルを病院で処方してもらうことに抵抗のある方、通販サイトでの購入を考えてみませんか?アフターピルを通販購入している方は意外と多いのです。

Monthly Archives: 10月 2015
アフターピルを個人輸入するメリットについて

アフターピルは、避妊に失敗してしまった場合に望まない妊娠を避けることができるというメリットがある緊急の避妊薬です。
受精卵が着床することを防ぐための女性ホルモン剤で、避妊に失敗してしまった性行為後72時間以内に摂取することにより妊娠を回避することができます。
男女の営みは、必ずしも妊娠を目的としているとは言えず、男女という関係において存在するコミュニケーションを図るための行為と言えるため、望まない妊娠をしてしまうという可能性は少なくありません。
危険日と理解していても避妊の対処を万全に行わなかったり、避妊具は使用していたものの知らない間に破損してしまっていたといった事案から、突如として妊娠の不安を抱え込む方は多いものです。
アフターピルは、2回に分けて摂取します。
妊娠してしまった恐れのある行為の後72時間以内に1回目を摂取し、2回目は1回目を摂取した12時間後に摂取します。
定められている72時間という時間は、受精から着床までに要する日数よりも先に月経を起こすための時間制限でもあります。
アフターピルは、産婦人科などで処方してもらえます。
現在、日本においては2種類のアフターピルが使用されています。
どちらのアフターピルも避妊できる確立は96%を超えており、非常に効果的であるということが言えます。
現在では、病院で購入するという他に個人輸入で入手することも可能です。
個人輸入においては、タイで製造されているものが効果が高く支持率も高いです。
避妊できる可能性が非常に高く、失敗率は2.5%という低さがメリットです。
また、ハンガリーの大手製薬会社から販売されているアフターピルも新しいタイプで人気を集めています。
個人輸入ならこのように効果の高い製品を手に入れられるメリットがあります。